たまりば

  オフィシャル オフィシャル  八王子市 八王子市

会社名

たまりば編集部 ジェイ・ライン(株)

住所

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-36-4
丁子屋ビル 5F

TEL

03-5367-0841

営業時間

10:00~17:00

定休日

土日祝日、夏季、年末年始

URL

http://tamaliver.jp/

コメント

「たまりば」は八王子・立川・三鷹・吉祥寺・町田・府中、調布などをはじめとする東京都の西側に広がる「多摩地区」の地域活性化・情報化を目指す、地域密着型ブログサービスです。

過去記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
★ビジネスブログ・オウンドメディア運営に最適!
★たまりばビジネス会員サービスはこちらから ≫

ブログで成約を上げやすくするための導線作り




こんにちは、多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」編集部です。


ブログを設計する上で、ユーザーに集客までの道しるべをすることは重要です。
道しるべがあるページとないページを比べると、集客率が全く変わってきます。


というのも、初めてそのウェブサイトを見る人の場合、初めて見るのでどこに何のボタンがあって、どこを押せばお問い合わせまで行けるのかはわからないことがほとんどです。
そのため、道しるべをしてお問い合わせまで案内することが必要になります。


今回はその集客までの道しるべの作り方をご紹介いたします。


この道しるべの設計を整えるポイントは、グローバルナビ、サイドバー、ヘッダー画像、フッターの4つです。


まずグローバルナビとは、ウェブサイトのトップに表示されるメニューバーのことを指します。
ここに重要なページをリンクしておくことで、見てもらいやすくなります。
一般的にここに配置されるのは、サービス内容、お客様の声、プロフィールページ、アクセスマップ、お問い合わせなどです。


続いてサイドバーは、左右に配置できるスペースのことを指します。
ここは常にページに表示される領域であるので、お客様の声を載せておくことをオススメします。


そして、ヘッダー画像とは、ページのメインになる画像のことを指します。
一番大きく表示される画像なので、商品の写真やロゴなどを入れると良いと思います。


最後のフッターとは、ページの下部に定型的な情報を記す領域のことを指します。
ここには、ウェブページのナビゲーションや著作権の表示などが表示される場合が多いです。


以上の4つの導線を意識してユーザーへの道しるべを作成してみてください。


  • ブログを書くためのインプットとアウトプットの重要性




    こんにちは、多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」編集部です。

    ビジネスでブログを書く際には、書く情報について詳しく知る必要があります。

    それをいかにわかりやすく端的な言葉で表現するが重要です。

    この情報を詳しく知るということと、端的に表現するということの繰り返し、つまりインプットとアウトプットを循環させることが、より良いブログを書く上で求められます。

    そもそも、インプットが十分でないと、満足いくアウトプットはできません。

    というのも、アウトプットは今までの自分が経験してきたこと、つまりインプットしてきたことからしか生まれないからです。

    したがって、インプットのレベルを上げていく必要があります。

    このインプットの方法としては、読書や人と話すことが一般的ですが、ゲームやアニメなど娯楽の中からでも学ぶことがあります。

    このようにインプットの方法をどれかにとらわれずに、常に何か学ぶことはないかというようにアンテナを張ることが重要です。

    そして、インプットしたことをすぐにアウトプットすることで、更に効果が高まります。

    ですので、何かインプットしたらすぐにブログに書くこと、ブログでなくても何かにメモするなど記録しておくことが必要です。

    人は忘れる生き物というようにすぐに記憶が曖昧になってしまい、何かに書いて残しておかないと、せっかくインプットしたことが無駄になってしまいます。

    このようにインプットとアウトプットを同時に行うことを繰り返すことで、ブログの質も上がっていきますし、ブログを書くネタにも困らなくなります。

    以上のことを是非試してみてください。


  • ブログ作成を手助けするおすすめツール




    こんにちは、多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」編集部です。

    みなさん、ブログ作成にあたって、なかなか書き進められないというようなことはありませんか?

    なかなか書き進められない、内容が思いつかない、何を書けば良いのかわからなくなってきたというように悩んでしまう方も多いかと思います。

    そこで、そんな悩みの解決を手助けしてくれるツールをご紹介いたします。

    そのツールは、「Tree 2」です。

    このTree 2はマインドマップのように、物事を段階的に整理するためのツールです。

    そもそも書き進められない、内容が思いつかない、何を書けば良いのかわからないという悩みの一番の要因は、頭の中の整理ができていないことが挙げられるかと思います。

    頭の中の整理ができていないことで、次にどの話を書けば良いのか、これはどういった内容にマッチする話なのか、どういう内容を書いているのかわからなくなってしまいます。

    したがって、一度頭の中を書き出して、段階ごとに整理することによって、アウトラインができ、文章に起こしやすくなります。

    このマインドマップのツールは有料のものや無料のものなど様々な種類があるので、自分に合うツールを見つけてください。


  • 面白いと思われるブログの書き方




    こんにちは、多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」編集部です。

    ブログを書いていると、一度でいいから多くの方が見て面白いと思われるような記事を書きたいと思う方が多いと思います。

    やはり、ただ単に書くだけではなくて、見た人に興味を持ってもらえることでやりがいにもつながるのではないでしょうか。

    そこで今回は、見た人が面白いと思うようなブログ記事の書き方についてご紹介いたします。

    まずは、興味で接点を作るということです。

    これはどういうことかというと、お客さんにしたいと思っている人がどのようなものに興味を持っていて、その興味についてブログ記事にするということです。

    例えば、「痩せたい」と思っている人は、「痩せる」ことに興味があるので、それに関連する記事を更新する必要があります。

    ここで、お笑いについてのブログ記事を書いたとしても、興味がズレてしまうので、実際に商品やサービスの購入までのアクションを起こしてもらいにくくなります。

    そもそもコンテンツマーケティングの世界で、ユーザーが何かを購入するまでに「読まない」、「信じない」、「行動しない」の3つの障壁があるとされています。

    これを突破するためには、まずブログを読んでもらわなくてはなりません。

    読まないと信頼してもらえませんし、信頼してもらわないと購入してもらえません。

    このような障壁を突破するためにも、ターゲットとなるユーザーが何に興味を持っているのかを分析し、その興味にあったブログ記事を作成することが必要です。

    以上が面白いと思ってもらえるようなブログ記事の作成のポイントです。


  • ワンランク上のブログにするために注意すべきポイント




    こんにちは、多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」編集部です。

    ブログを書いている時、どのようなことを意識して書いていますか?

    書く方それぞれの思いを持ってブログ記事作成に取り組まれているかと思います。

    今回は、ブログ記事作成にあたって、ワンランク上のブログ記事にするために注意すべきポイントについてご紹介いたします。


    一つ目が、曖昧な言葉をブログ記事には使わないということです。

    例えば、「◯◯化」や「◯◯性」、「◯◯的」のような表現が挙げられます。

    上記の言葉は、それを見る人によって解釈が異なり、書かれた意味通り解釈されない可能性が高い特徴があります。

    したがって、より具体性を意識することが重要です。

    具体的には、「効率的」という言葉ではなく、「作業の時間が短縮できる」といった表現を使うことで、解釈のズレを防ぐことができます。


    二つ目は、誰でも理解出来る簡単な単語を優先的に使うということです。

    ブログでは、できるだけ難しい表現やビジネスチックな言い回しなどは避ける方が良いとされています。

    というのも、難しい表現やビジネスチックな堅い言い回しなどは、読んでいて疲れてしまうため、ブックマークをして後回しにされやすくなります。

    したがって、端的で分かりやすい表現や、話し言葉に近い文章にすることで、親しみやすさが生まれ、すぐに読んでもらいやすい記事になります。

    また、端的に分かりやすく伝えることによって、書くあなた自身の思いや伝えたいメッセージを読者は感じ取りやすくなります。


    以上がワンランク上のブログ記事を作成するために注意しておくべきポイントになります。


  • ビジネスにつながりやすいブログ記事を作成するためには?




    こんにちは、多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」編集部です。

    ビジネスでブログを書くにあたって、ブログからビジネスがつながることを望まれている方も多いと思います。

    具体的に、ビジネスにつながるとは、ブログ記事をきっかけにウェブサイトにアクセスしてもらい、商品の購入やサービスの申し込みを獲得するというような流れになることです。

    では、どのようなことを意識すれば、ビジネスにつながりやすいブログ記事を書くことができるのでしょうか。

    今回は、そのポイントについてご紹介いたします。


    まずビジネスにつなげるにあたって、情報発信から信頼を勝ち取ることが重要です。

    例えば、「痩せたい」と思っている人たちに対して、記事を書くとします。

    「痩せたい」と思っている人たちは、日々インターネット検索を通して、様々な情報を収集しています。

    そこにたまたま面白そうな記事があり、ダイエットサプリメントの販売ページなどにたどり着きます。

    その記事は、とても専門的で、端的に分かりやすく書かれており、非常に読んだ人にとって役立つ記事であるとします。

    そして、販売ページまでたどり着き、サイト内には実際に購入して利用した人の体験談などがあるとすれば、すごく購入に近づきやすいと言われています。

    というのも、現在のwebでの購入までに重要な要素として、「専門的で分かりやすい役立つ記事」、購入後の未来が見えるお客様の声」、「提供者の思い」、「商品・サービスの内容や価格」が挙げられます。

    これらは全て情報であり、このような情報を発信していくことでユーザーの信頼を勝ち取り、購入などのアクションにつながりやすくなります。

    やはり、顔が見えにくいインターネットだからこそ、どれだけ信頼してもらえるのかということが重要になります。

    したがって、日々の情報発信を意識して、信頼を勝ち取ることが求められます。


    以上のことがビジネスにつながりやすいブログ記事を作成するポイントです。

    ただ単に記事を更新するのではなく、前述した要素を加味した更新を意識してみてください。


  • 良いブログ記事をためのポイント




    こんにちは、多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」編集部です。

    ブログを書いていて、より多くの方に見てもらいたいという思いをお持ちであると思います。

    では、どのようにすればより多くの方に見られるような良い記事が書けるのでしょうか。

    今回は、より多くの方に見てもらえるような良いブログ記事を書くポイントをご紹介いたします。


    最もポイントとなるのが、客観的視点を入れるということです。

    つまり、そのブログを読んでいる立場でのチェックを入れるということです。

    具体的には、ブログを一度書き終わったら、何度も読み直して校正をしていくことであったり、声に出して読んでみるということが重要になります。

    これをすることで、読みやすい文章や表現が見つかり、ブログの質が徐々に上がっていきます。

    それと同時に、文章力も身につき、次回の記事に活かすことができます。

    また、他人に編集してもらい、意見してもらうことも必要です。

    複数人でブログ記事を書いていたり、チームを組んでブログ作成に当たっている場合は、更新前に誰かに校正をしてもらってみてください。

    これをすることで、自分では気がつかなかったことが見えていき、どのように校正されているのか分析することによって、文章力が向上していきます。


    以上のように、書き切ったら終わりではなく、更新前に何度もチェックすることで、ブログの質が上がり、より多くの人に見てもらえるような記事を作成することができます。


  • 毎週数記事更新するためのブログ作成のポイント




    こんにちは、多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」編集部です。

    ウェブサイトに定期的な集客を続けるためには、ブログは最適な方法の一つです。

    ただし、一度更新すれば良いというものではなく、定期的且つ継続的な更新が求められます。

    しかし、このブログ更新に関して、とにかく書くネタを探すことが障害になっているのではないでしょうか。

    最適なブログの文字数も1500~3000文字と言われており、一度の更新にこれだけの文字数を書いて、定期的・継続的に更新することはかなりの負担だと思います。

    そこで今回は、毎週数記事更新するためのポイントをご紹介いたします。


    まずは、アウトラインを作ることです。

    これは文章としてまとめるのではなく、あくまで概要です。

    例えば、箇条書きで書き出していくのでも構いません。

    その後に書く順番などを調整するなど修正しながらアウトラインを作成します。

    これによって全体のイメージがしやすくなり、アウトラインのパターンをたの記事にも活かすことができます。

    そして、興味を引くことを考えずにとりあえず文字に起こしていくことです。

    ここでは、細かい文章の体裁や語句、接続詞などは気にせずに書いてみてください。

    ブログを書くのに時間が掛かってしまう人の傾向として、初めから細かな文章や表現を気にし過ぎていることが挙げられます。

    それよりもまずは文章に起こすことが重要です。

    それから細かな修正を行うと書きやすくなります。

    最後に、ブログがスラスラ書けない時は一度休むことです。

    書けない時に悩んでいても書き進めることは難しいと思います。

    その時は、無理せずに一旦休憩を取りましょう。

    そうすることによって、気分転換になり、頭が整理され、デスクに戻った時に描き進められるようになります。


    以上がブログを毎週数記事更新するポイントです。

    初めから気にし過ぎず、まずはおおまかに書き、その後に修正することや、書けない時は休憩するなど、メリハリをつけて取り組んでみてください。


  • ブログのターゲットをどのように明確にしていけばよいのか?




    こんにちは、多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」編集部です。

    以前の記事で、ターゲットを知ることが重要であるとご紹介しました。

    そもそもターゲットを知るためには、具体的にどのようなターゲットにするのかを事細かに設定していかなければなりません。

    では、どのように設定していけば良いのでしょうか?

    今回は、ブログのターゲットをどのように設定し、明確にしていけば良いのかに関して、設定する軸についてご紹介いたします。



    このターゲットを設定していく項目として、一般的に大きく10項目あります。

    以下がその10項目です。

    ①男性か女性か
    ②年齢
    ③どのような職業か
    ④高所得か低所得か
    ⑤子供がいるのか
    ⑥どのような生活習慣なのか
    ⑦行動パターン
    ⑧ターゲットの人間関係
    ⑨どのような悩みを抱えているのか
    ⑩どのようなことを望んでいるのか

    これらの項目を埋めていき、実在する人物にできるだけ近づけるとよりイメージしやすくなります。

    イメージできれば、イメージしたターゲット像に近しい人にインタビューをして、コンテンツを作成するヒントになる可能性が高くなります。

    以上のように、具体的にターゲットがイメージできるように、今回紹介した項目を埋めるように意識してみてください。


  • 思わず読み込んでしまいたくなるブログコンテンツの書き方とは?




    こんにちは、多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」編集部です。


    みなさん、ブログ記事を作成する際、どのように書けば、より多くの人に見てもらえるのだろうと、悩まれた経験はありませんか?

    ブログ記事は、書く人のセンスが出てしまうのではないかと思い込んでいませんか?

    実は、いくつかポイントがあるんです。

    今回は、より多くの人がつい読み込んでしまうブログ記事の作成のポイントをご紹介いたします。


    まず、ブログを書く前に市場をリサーチすることです。

    市場の動向や現状を知っておくことで、どういったポジションで、どういったスタンスで書いていけばよいかのヒントになります。

    もし市場の動向を把握していないと、せっかく書いた記事も読者からすれば、情報が古いと判断され、見てもらえない可能性が高くなります。

    そういった意味でも、市場調査は重要です。


    続いて、ターゲットをリサーチすることです。

    ターゲットを具体的に明確にし、そのターゲットが今何を求めているのか、どういう言葉で伝えると響くのかを知るために、重要になります。


    そして、自社の強みや特性を知るということです。

    ターゲットのこと、市場のことを知るだけでは、まだ不十分です。

    ターゲットとしている市場にいるユーザーの不満の解消や願望を叶えるような良いコンテンツを作成するためには、自社が何がユーザーの課題を解決できるのかという視点が必要です。

    そのためにも、自社のことを知ることが求められます。

    市場のこと、ユーザーのこと、自社のことを知り、その三つが最適になるコンテンツが、人の目に止まり、より多くの人に拡散されていきます。


    以上のことを意識して、コンテンツ作りに取り組んでみてください。