たまりば

  オフィシャル オフィシャル  八王子市 八王子市

会社名

たまりば編集部 ジェイ・ライン(株)

住所

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-36-4
丁子屋ビル 5F

TEL

03-5367-0841

営業時間

10:00~17:00

定休日

土日祝日、夏季、年末年始

URL

http://tamaliver.jp/

コメント

「たまりば」は八王子・立川・三鷹・吉祥寺・町田・府中、調布などをはじめとする東京都の西側に広がる「多摩地区」の地域活性化・情報化を目指す、地域密着型ブログサービスです。

過去記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
★ビジネスブログ・オウンドメディア運営に最適!
★たまりばビジネス会員サービスはこちらから ≫

スポンサーリンク


上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。

タイトル作成のポイント




こんにちは、多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」編集部です。

皆さん、ホームページのタイトルはどのようにしていますか?
とりあえずで決めてしまってはいませんか。

実は、ホームページのページタイトルは非常に重要になってきます。
今回は、ホームページのページタイトルを決めるときの注意点の紹介です。

ホームページのタイトルは検索エンジンなどで検索した際、検索結果にタイトルとして表示されます。
つまり、このタイトルの付け方次第でホームページへのアクセス数が大きく左右されることも考えられます。

では、どのようにタイトル作成を行えば良いのでしょうか。

まず、重要なキーワードほど前の方に配置することです。

また、タイルはなるべく読み手となるユーザーの目標達成を支援する内容にしておきましょう。
読み手が知りたいと感じることができるかどうかを意識するようにしましょう。

次は、タイトルの文字数です。
Googleの検索では、32文字までが認識される文字数になっています。
そのため、タイトルを作成する際には、32文字までに完結に収めるようにしましょう。

タイトルをしっかり作っておくことで、読んでもらえる可能性が高まります。
​一度実践してみてください。


  • ブログをビジネスで役立てるためのSEOコンテンツの作り方




    こんにちは、多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」編集部です。

    みなさん、ブログを書いたからには、より多くの人に見てもらいたいですよね?
    そのために、重要になってくるのは、コンテンツにSEO対策をしていくことです。

    SEO対策とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、検索結果ページの上位に表示されやすくするための工夫のことです。
    ブログは、比較的SEO対策に適したツールと言われているので、単純な日記としてではなく、検索エンジン対策も兼ねて利用している方も多いのではないでしょうか。

    ただ、Webの専門家の方でない限り、実際にどのようにブログによるSEO対策に取り組めば良いのか、イメージしにくい方も多いかと思います。
    そこで、今回はSEO向けコンテンツ(ブログの記事)の作り方についてご紹介いたします。

    SEO対策を織り交ぜる上で、最低限知っておいていただきたいことは、良質なコンテンツ作りを意識するということです。

    良質なコンテンツとは、見る人が顕在的に求めている情報に加えて、潜在的に感じている悩みや願望を解決でき、100%満足してもらえるコンテンツです。

    満足してもらうためには、テキストだけにこだわらず、動画や画像を駆使し、ユーザーの目線から見て満足できるようなコンテンツを意識することが求められます。
    加えて、ユーザーが求めている情報とマッチさせるために、コンテンツに含めるキーワードの選定も重要です。

    例えば、肌のニキビに悩んでいる方がいるとします。
    その方は、どうすればニキビが治るのかを知りたがっているはずなので、「ニキビ 治し方」というキーワードを入力して検索するケースが予想できます。
    この「ニキビ 治し方」が求めている情報に沿ったキーワードです。

    ただ、この「ニキビ 治し方」ではどの程度の症状かで100%満足する情報が変わってきます。

    したがって、求めている情報だけではなく、その情報を知ることによってどのような悩みや願望を満たすことができるかが重要です。

    これは、作成するコンテンツのターゲットが具体的にどのような人物なのか(症状の程度、年齢、性別など)ということを事細かに設定していくことで、ターゲットに合わせた満足度の高いコンテンツを作成することができます。

    以上がSEOコンテンツを作成するために考えるべきポイントです。

    今回ご紹介した方法で、皆さんの情報を必要とする多くの人に見てもらえるコンテンツ、満足してもらえるようなコンテンツを蓄積していきましょう。


  • インデックスって知っていますか?




    こんにちは、多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」編集部です。

    みなさん、インデックスって知っていますか?

    インデックスとは、検索エンジンに登録されたWebサイトの情報のことです。

    これは主に検索エンジンが担う役割で、クローラーが集めてきたWebサイトの情報を検索エンジンがインデックスに整理して検索エンジンのサーバーに登録していきます。

    したがって、インデックスに登録されたデータは、どのサイトがどのような情報を持っていてどのような話題を扱っているのかというデータになります。

    そのデータは、ユーザーが検索するときに使われるデータです。

    つまり、インデックスに登録されていないと、ユーザーが検索したときに検索結果として表示がされません。

    では、どのようにして自分のWebサイトがインデックスに登録されているのかを確認するのでしょう?

    いくつか方法があります。


    まず一つ目は、検索窓に「site:ドメイン名」を入力し、検索することです。

    インデックスされている場合であれば、検索結果にサイト名が表示されます。

    そして二つ目は、「Search Console」というGoogleが提供しているサービスを使うことです。

    このツールは、GoogleにサイトURLの追加やクローラーに巡回してもらうためのサイトマップをGoogleに送信することができます。


    これらを使い、インデックスされているのかをすぐに確認し、早急な対応をしていくことが必要です。


  • クローラーとは?




    こんにちは、多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」編集部です。

    みなさん、クローラーって知っていますか?

    クローラーとは、世界中のWebページの情報を集めるソフトウェアのことです。

    Webサイトの情報を検索エンジンに教えてくれる重要な役割を担っています。

    クローラーがWebサイトの情報を検索エンジンに持って帰ってくれないと検索エンジンに表示されないので、Webサイトの運営をする上で必ず理解しておくべき存在です。

    では、どのようにしてクローラーはWebサイトの情報を集めているのでしょうか?

    それは、クローラーがウェブサイトのリンクを辿っていき、集めています。

    世界中のウェブページはクモの巣状にリンクでお互いが繋がっており、
    クローラーはそのクモの巣状に張り巡らされたリンクを飛び回ってWebサイトの情報を集めていきます。

    ただ、一度クローラーがWebサイトを訪問してくれたからといって、そのWebサイトの全ての情報を検索エンジンまで持って帰ってくれるわけではありません。

    したがって何度もクローラーに訪問してもらう必要があります。

    しかし、クローラーに訪問してもらう頻度、どのWebサイトを訪問するのか、一回の訪問で取得される情報量は自動で決められているので、コントロールすることはできません。

    クローラーは過去に訪問した時に取得したWebサイトのリストとサイトマップを手掛かりに巡回していくので、コンテンツのシェアなどの適切なリンクやサイトの構造を最適にすることによってクローラーに訪問してもらいやすくなります。



  • 検索エンジンの仕組みとは




    こんにちは、多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」編集部です。

    みなさん、検索エンジンがどのような仕組みで運営されているかご存知ですか?


    今回は、検索エンジンの仕組みについてご紹介いたします。

    検索エンジンとは、検索の順位を決めているシステムで、

    ほとんどの方が普段から何気なく使っていると思います。

    そして、検索エンジンといえば、「Google」や「Yahoo!」を多くの方が思い浮かべるかと思います。

    実は、この二つはほとんど同じ仕組みって知っていますか?

    2010年の11月以降Yahoo!がGoogleの検索エンジンの仕組みをそのまま採用したんです。


    ただ、少し異なる点があります。

    それは、GoogleとYahoo!とでは検索結果の順位が違います。

    その理由は、Yahoo!はGoogleの仕組みに加えて独自のフィルターをかけているからです。

    具体的には、
    Yahoo!カテゴリの登録サイトが検索順位に有利な傾向がある。
    Yahoo!独自のペナルティルールがある。
    パーソナライズ検索の違い
    Yahoo!知恵袋などのサービスを上位に表示する傾向がある。
    これらのことが挙げられます。

    また、検索エンジンにはクローラーという仕組みとインデックスという仕組みがあり、検索順位の決定を行っています。

    以上の仕組みも重要ですが、根本的にはユーザーにとって最適な情報を提供するという理念があり、良質なコンテンツを配信し続けることによって検索順位が上がっていきます。

    これらの仕組みを抑えておき、良質なコンテンツを作成していくことで目的に沿った効果を得ることができます。


  • 404エラーページって実はかなり重要なんです。




    こんにちは、多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」編集部です。

    みなさん、「404エラーページ」って聞いたことはありますか?

    404ページとは、リンク切れなど、サイト上に存在しないページをアクセスしようとした時に表示するページのこと。

    存在しないページのリクエストに応答するときに、ウェブサーバーがHTTPステータスコード404を返すために、「404ページ」と呼ばれるんです。

    実はこのページは、ユーザーのためにも、そしてSEO対策のためにも重要であると知っていましたか?

    みなさん一度は404ページをみたことがあると思うのですが、英語で「404 Not Found」と表示されます。

    ウェブに詳しくない一般のユーザーが見た場合、「なんだかよくわからない英語が出てきてしまって、何が起こったのだろう、こわい」という印象を与えてしまいます。

    だからこそ、「このページはみつからないだけですよ」ということをわかりやすく伝えることが大切です。

    具体的には、デザインを他のページと同じにしておくだけでもかなり違いますよね。

    また、404ページはユーザーにとっての利便性だけでなくサイト内のクローラーの回遊性を高める効果もあります。

    だからSEO効果も期待できるんですね。

    あなたのサイトは、404ページ対策しっかりできていますか?


  • 絶対にやってはいけないSEO




    こんにちは、多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」編集部です。

    インターネットを活用しているみなさんなら一度は「SEO」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

    このSEOですが、もちろん正しい方法でやれば効果は期待できます。

    ですが、正しい情報を知らずに、聞きかじった方法でやってしまうとペナルティを受けてしまう可能性もあり、逆効果になってしまいます。

    そのような逆効果になってしまうSEOのことを逆SEO、またネガティブSEOといいます。

    今回はこの逆SEOについてお伝えします。

    ◯隠しテキストを入れる

    検索結果に影響にある重要なキーワードを入れるために、背景と同じ色にしたり、画像の下にキーワードをたくさん書くことを隠しテキストといいます。

    昔はこれで上位表示できていましたが、今は簡単に隠しテキストであると見破られてしまうので逆効果です。

    ◯コピーしたコンテンツを大量に作る

    他のサイトから、コンテンツをコピーして転載するのは著作権法違反になります。

    文章以外でも、画像や動画でも、同じものがアップロードされた場合、後からアップロードされたものはペナルティを受ける可能性があります。

    今回は以上の2点をお伝えしました。

    他にもしてはいけないSEOはあるので、今後お伝えしていきます。