たまりば

  オフィシャル オフィシャル  八王子市 八王子市

会社名

たまりば編集部 ジェイ・ライン(株)

住所

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-36-4
丁子屋ビル 5F

TEL

03-5367-0841

営業時間

10:00~17:00

定休日

土日祝日、夏季、年末年始

URL

http://tamaliver.jp/

コメント

「たまりば」は八王子・立川・三鷹・吉祥寺・町田・府中、調布などをはじめとする東京都の西側に広がる「多摩地区」の地域活性化・情報化を目指す、地域密着型ブログサービスです。

過去記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
QRコード
QRCODE

Google Analyticsのセグメント機能の重要性



こんにちは、多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」編集部です。

今回は、Google Analyticsに関する内容です。



みなさん、セグメント機能はご利用されていますか?



セグメント機能とは、アナリティクスで計測されるどういうユーザーがトラフィックしているのかのデータを見ることができる機能です。


具体的にどのようなセグメントで見ることができるのかというと、下記の通りです。

・コンバージョンに至ったのか至らなかったのかなど、コンバージョンに関するユーザー

・デバイスごとのトラフィックされたデータ、デバイスごとのデータの比較

・新規ユーザーなのか、リピーターなのか

・検索からトラフィックしているのか、それともリファラなのか

・広告などの有料のトラフィックなのか

などが挙げられます。




また、どのようにセグメントした情報を表示するのかというと、各項目の画面上部に「すべてのセッション」というボタンがあります。

その下、または隣に「+セグメント」というボタンがあるので、そこをクリックすると選択肢が出てきて絞り込むことができます。


このセグメントで確認しておきたいポイントは、「新規ユーザー」と「リピーター」に関するデータです。

というのも、新規のユーザーとリピーターとでは、取る行動が違う場合が多いからです。

例えば、スマートフォンに対応したデザインにしていないHPの場合、新規ユーザーがスマートフォンで検索して訪問し、リピーターがPCのブックマークから訪問しているしましょう。

すると、現在のHPはリピーターに最適化したHPだということになります。


求めるユーザーにもよりますが、新しいお客さんに対応できていないということになり、今後の事業展開に影響を与えてしまいます。


このようにセグメントした情報を見ることで、どこを優先的に改善しなければいけないかというポイントを知ることができます。


表面的な数字のみを見るのではなく、セグメントしてより深い情報を見て、今後の施策を実行していきましょう!

  • 同じカテゴリー(アクセス解析)の記事
     ユーザーのサイトでの行動を可視化する「ヒートマップ解析」とは (2016-03-24 18:12)
     Google Analyticsのイベント設定について (2016-03-24 18:05)
     Facebook広告とGoogleアナリティクスを連携して効果的に成果測定を行う方法 (2016-01-30 22:13)
     Googleアナリティクスのマイレポートって何? (2016-01-30 22:10)
     Googleアナリティクスをより活用できるカスタムレポートの作り方 (2016-01-30 22:04)
     Googleアナリティクスのリアルタイムレポートとは? (2016-01-30 21:50)
     アクセス解析を惑わすリファラスパムとは? (2015-12-18 13:03)
     Googleアナリティクスとは? (2015-12-18 13:03)